2016年11月25日

本当に持っていきたいものは何ですか?(断捨離のススメ)

ここんとこ、実家に行くことが多くなって、ミニマリストの言葉を知って、自宅も断捨離が進んでくると、実家の荷物も気になるようになってきたわけです。

私の両親の家は本当に荷物がいっぱい。東京の実家なんて、二人暮らしの2DKのくせに、五人くらいいんじゃないの?ってなくらい荷物がある。
新潟の別宅だって、田舎の一軒家をいいことに、物置き放題。

母は父が捨てないからと人のせいにしてて、父が死んだら、片付けてもらうわよっ!!なんて愚痴ってばかり。なんとなく気になって、業者に片付け頼むといくらなんだろうと調べてみた。

2DKくらいの遺品整理とかなると最低でも6万~、高いと15万くらいするわよ。
バカ言ってんじゃないわよ!!もったいない。
テレビでよくやる、汚部屋の片付け!一体、いくらかかってるんだろうね?

そう思うと、元気で動けるうちに物を減らすってさらに大事だと思って来ちゃったわ

一体、両親の残す服やら小物やらを誰が片付けるのさ?自分は子供たちに片付けはさせたくないな。まして、他人様に見られたら、めっちゃ恥ずかしいよね。
そう考えると、処分処分と思って、色々捨てることが出来ました。
写真も日記も自分だけのもので、人に見られたら恥ずかしいものだし、思い出は記憶の中だけで十分なのかもしれない。
「今」を生きるには、そういった思い出は必要ないのでしょうね。
「今」をむくために、そういった思い出を手放さなければいけなのかもしれない。
そこにしがみついていると、いつまでたっても「今」が幸せになれないんだよね。

あなたは幸せの国に旅立つ日が来ました。
でも、そこに行くには、ワンルームに収まるほどの荷物しか持って行けません。
さて、あなたなら、何を持っていきますか?
明日、死んだらなんて考えると淋しいじゃないですか?(笑)
だから、幸せになるならーーって!

本当に持っていきたいもの以外は、不要な物なんでしょうね。
思いきって、断捨離です


お料理ブログ書いてます→ よっきーの簡単節約下手くそ料理~
アメブロもよろしくね→ 魔法の夢ノート書こっか



にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマルライフ(持たない暮らし)へ









posted by よっきー☆ at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 断捨離 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月24日

お家をパワースポットにしよう

お片付けの本借りたの読んでたら、『旦那さんや子供がなかなか帰らない悩みがあるお家は、リビングが散らかってることが多い』ってのがありました。
家族で凄くリビングが帰って来て落ち着けるってのが一番。

確かに、癒されるーーと思うとそこに行きたくなるものね

我が家、借りる前はこんな広さでしたよ!この広さをなるべく失わないように収納出来るといいよね。
おうち.jpg
目指せ、モデルルームのような部屋
学生時代のお友だちが上尾にお家を買ってたんだけど、そこのお家は遊びに行った時にから本当にシンプルライフ
ミニマルさんでしたね。憧れのリビングでした。

お部屋を片付け、大切な好きなものと生活するのは、引き寄せ起こすにも良いこと。
人間の情報は約80%視覚から得てるそう。目から入る情報!!
部屋がごみごみしてたら、余計なもので頭がいっぱいになります。
片付けることで部屋が綺麗になると同時に脳から余分なものが排除される。
すると、自分がいま、本当にやるべきことを見つけやすくなる。空白の法則ですね。
あいた脳のスペースに新しい情報が入り込むってことです。

パワースポットへ行こうか!?なんて、旅の計画たてなくても大丈夫。
今いる、毎日過ごしてるお家こそをパワースポットにしちゃいましょう

パワースポットに出かけてパワーチャージってよく言うけど、前に読んだ本に自分の家をパワースポットにしましょう って言うのがあって、なるほどね って思いました。

一番長く過ごす事のある 自宅 だものね。お気に入りの場所にするのが一番

昔は自分の家にじっとしているのは好きじゃなかった。結婚してる時は、同居だったから、なんか友達呼ぶのも自由じゃない気がして、そういういやな氣が、私をあの家から出したのかもねぇ(笑)
独身の頃も狭かったからねぇ。

最近、自宅好きです。
なんだろう? のほほ~んと出来ちゃう。断捨離もしたりしてきたからかもしれないけど

いらないものを捨てる じゃなくて
ときめくものを残す こんまりさんの教えですね。

本当にそうですね 。
好きなものに囲まれている空間は、どんなパワースポットと呼ばれる場所よりも素敵な場所。
自分だけのパワーを感じます。

衣替えついでに 服もいくつか捨てました。気分も新たにいい感じです

好きな物に囲まれて過ごせる場所を作って行きましょう。それが一番自分のパワーをアップ出来る場所です。

見てるだけでときめくものを飾ってみたり、いい香り、自分の好きな香りのするものを置いてみたり、物を少なくして シンプルで落ち着ける空間を作ってみたり。

家の中全部を最初からしよう としたって無理無理。なので、一角でいい、そこに座っているだけで あぁ落ち着く~って場所、そこの周りをどんどん好きな物だらけにしちゃう。
もちろん そこは綺麗に保ってゴミがあふれないように。

そしてだんだん お家全体を癒しの空間に出来たら、お家まるごとがパワースポットですね

お料理ブログ書いてます→ よっきーの簡単節約下手くそ料理~
アメブロもよろしくね→ 魔法の夢ノート書こっか



にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマルライフ(持たない暮らし)へ







posted by よっきー☆ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 断捨離 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月23日

大切なものとだけ生きる

『モノを大切にするというのはモノを捨てないということではない』

素敵な言葉ですね。

ものを捨てる。家にある不要な物を捨てるだけなのに、それはそれは勇気のいる作業。
使ったティッシュなら、何も考えずにゴミ箱へポイっφ(゜゜)ノ゜←この顔文字好き
だけど、洋服とかバックとか思い出の品って、どうして捨てるのにこんなに迷うんだろうね。
物が捨てられないのは、その物に対する愛着ではなくて、執着だと言います。

愛着があってときめいて、大事で大事で仕方ない物をどこにあるかもわからない押し入れの奥や天袋、床下収納、倉庫、さらには自分の住んでる家から離れた実家、貸倉庫になんて入れておきます?

恋人でも同じだよね。本当に好きなら、愛情かけてコミュニケーション取るのにとりあえずキープ、別れられないからと執着してるだけ。

物も取り敢えず置いておく、取っておくと言うのも執着


引き寄せでも、良く言われているのが執着を手放せば、引き寄せは加速するとか、引き寄せがすぐ起こるとか。

執着って何なんだろ?
そう思ったとき、家にある捨てられないものと向き合ってみるのもいいかもしれない。
もったいない とは、その物の本来の価値を生かしきれていない状態だそうで、
手放さずにそこにただ置いてあるだけでは、その物にたいして失礼だよね。逆に物が可哀想
本来の価値を見いだせる場所に行けば、物だってイキイキとした、波動出せるよね?

着ない服は着る人の元へ。
たとえ、古布にされたとしても、それを使用してもらった方がいい。可燃物とされ、燃されたとしても、新しいものとなって生まれ変わってくる。いつまでも、ただ、そこにあるだけじゃ、物だって生まれ変われない

物が捨てられないとき、心に執着していることがあるから捨てられない。
使うかもしれない、値段高かったし!結局は、その思いに執着しているのです。
物にーーーーーというよりは、思いですね。

値段に左右されない価値基準を得るためにも、高かったしという思いは手放すべし。
お金を引き寄せられないのは、こういう思いがあるからかもしれませんね。

執着する気持ちと戦って、新しい自分になろう

ちなみに、服の寿命は三年らしい。
耐用年数という、法律に定められた期限もあり、
ワイシャツ、Tシャツ、ジーンズなんかは二年。
夏物スーツ、ブレザー、コート、ネクタイなんかは三年。
冬物スーツ、ウールジャケットなんかは四年だそうだ。
下着の寿命は、洗濯30回くらい。

本当の意味での「物を大切に」してあげましょう。


お料理ブログ書いてます→ よっきーの簡単節約下手くそ料理~
アメブロもよろしくね→ 魔法の夢ノート書こっか



にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマルライフ(持たない暮らし)へ







posted by よっきー☆ at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 断捨離 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月22日

整理整頓と引き寄せの法則

整理整頓って言葉。
乱れたものを整えるという意味では共通した意味だそうですが、整頓整理とは、いいません。
整理したあとに、整頓する。

整理には、いるものといらないものを分け、いらないものを捨てると言う意味があり、
整頓には、必要なものをいつでも取り出せるようにきちんと配置するという意味があります。

まずは、不要物を捨ててから整える。捨てるのが先ってことですね。

不要な物を捨てずに溜めておくと、エネルギーが流れる空間が出来ないそうです。
エネルギーが流れないと望む状態も引き寄せられないということです。

色んな引き寄せのお話で目にすることが多いのも、捨てるのが先!!

新しい出来事を入れるスペースがなけりゃ、新しいことは起こらないのです。
洋服だって、新しい服をしまうのには、まず、古いものを捨てないと。
コップの水をあけないと、新しい水は入れられません。


また、部屋の整理整頓は心の整理整頓と言われます。
心が綺麗で物にたいして感謝の気持ちを持てなければ、部屋を綺麗にすることはできないそうです。
住んでいる人が物に対する感謝の気持ちがなければまた散らかった部屋に戻ってしまうそう。
感謝の心を持つ。
これもまた、引き寄せの法則の1つですよね。


部屋の整理整頓がこんなにも引き寄せの法則と密着だとはーーーーー。
実践してみて、また、色々調べてみて
なるほどって、腑に落ちることが沢山あります。

引き寄せの法則は十人十色。その方法は自分で作るもの。
私にとっての片付け、断捨離が、引き寄せの方法 。
大きな答えは未来に待っているかな


私は、掃除は嫌い。大嫌いだった。拭き掃除や掃除機かけ。
面倒くさいったらありゃしない。家事の中で一番嫌い。

そんな私が今、断捨離中。でも、断捨離って掃除じゃないの。片付けって掃除じゃないの。

こんまりさんの言葉を借りると“片づけ”と“掃除”は、似た言葉ながらまったくの別もの。

片づけとは、“モノ”を動かし、定位置を決め、そこに収めたりして部屋をきれいにすること。

掃除とは、いつの間にか溜まっていく“汚れ”をきれいにする、自然と向き合う行為だという。



片づけが心を整えるとしたら、掃除は心を清める行為。
それに、片づけはマインドが9割というくらい、片づけは、自分に向き合う行為だと思います。
さすがこんまり様。

なんだか、物事が滞ってうまく進まないとか、人間関係のつまりを感じるとか、恋愛事もうまく進まないなんて時、自分のお家が汚れているかもしれません。

素敵に片づけて、整理整頓しましょうね☆


お料理ブログ書いてます→ よっきーの簡単節約下手くそ料理~
アメブロもよろしくね→ 魔法の夢ノート書こっか



にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマルライフ(持たない暮らし)へ







posted by よっきー☆ at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 断捨離 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月21日

我が家の大改造が始まる 断捨離してゆるミニマリストへの道

イライラしたらモノを捨てると良い。
そう言われて、部屋の片づけを始めたら止まらなくなってしまった。
この夏から始まった、我が家の大改造。大型断捨離。どんどん部屋が広くなっていく

本を片づける
とりあえず、本の整理。思っていた棚の中を全部片付けようとしたんだけど、さすがに、全部捨てるのは躊躇。でも、かなり捨てたわぁ。雑誌とか。こんな雑誌、とってあったっけ?だものね。
日経WOMANの手帳や整理整頓(断捨離)の内容とか、WORD使ったお絵描きの本とか・・・。
あとは、料理のレシピをコピーしたのとかあったけど・・・作ってないじゃん
他のも、ファイル整理。やっぱりとってあった、切り抜きとか色々。本当はもっとばっさり捨てたほうがいいんだけど。
一回捨て始めると・・・なんだかどんどん減らしたくなるんだよね。

キッチン断捨離
出してある、ボールやザルをシンク下にしまうことにしました。
で、ザルも一つ捨てて、計量カップも何個もいらないので、一つ捨て。
昔もらった、ピクニック用のプラスチックのお皿セットも捨てました。
ピクニックなんて行かないし、行くなら、今式のもっと良いやつあるもんね。


一つずつ、少しずつ、スッキリしています。

部屋を片づけ出すと、楽しくて、引き寄せがどーのこーの悩むこともなくなって凄く生活してるのが楽って言うか楽しいです。
こういう気持ちを大事にしていかないとだめだよね。


お料理ブログ書いてます→ よっきーの簡単節約下手くそ料理~
アメブロもよろしくね→ 魔法の夢ノート書こっか



にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマルライフ(持たない暮らし)へ







posted by よっきー☆ at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 断捨離 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサーリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。